Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Twin540

[新車速報]どこよりも早い2019年モデル Adria Twin 540を徹底解剖!

とうとう明日に迫ったジャパンキャンピングカーショー2019 幕張!

今から楽しみでしょうがないですが
その楽しみの前にどこよりも早く最新の2019年モデルをご紹介!
ご紹介するのはAdria Twin540 2019年モデルです!

 

Adria Twin 540 2019年モデル エクステリア

adria twin540

エクステリアはベース車両Ducatoで前モデルと見た目は大きく変わりません。取材したオレンジのカラーはDucatoのベースにはない色でAdriaが特別にTwin用に仕立てたモデル。

このDucatoの乗りごごちは本当に最高です。高速走行もキャンピングカーとは思えない乗りごごちで全く怖くなく安定して走ることができますし、急な坂でもパワー不足を感じることはありません。

Twin540

フロント部分も前モデルから変更点はありません。すっきりとしたフロントグリルと男前のライトがかっこいいですよ!

前モデルの使いにくいところをすべて改善したインテリア

インテリアは大幅に変更がありました!前モデルでちょっと使いにくいなぁと感じていた部分がすべて改善されていて素晴らしい出来栄え。

入り口

まず冷蔵庫。サイドドアから入るすぐそばに大型の冷蔵庫を配置。この大きさながらバッテリーだけで稼働する優れもの!この位置にあることでキャンプ時など外からのアクセスが容易にできてとても便利に使えるようになりました。

冷蔵庫

みてください。この大きさ!しかもドアの可動域が広く外からでも簡単に食材が出し入れできます。

前のモデルは、ちょっと中にあったのでいちいち中に入って食材を出さなきゃいけなかったのでキャンプの際は面倒さを感じていましたがこれなら完璧!

リビング

リビングは机の形が変更。前の丸角テーブルからシャープな角度がついたテーブルに。こうすることで助手席サイドから室内に移動するときにぶつからずスムーズに移動が可能に!これも素晴らしい変更点です。もちろんこのテーブルは下に可動式のサイドテーブルもついているので拡張することができるので広く使うこともできます。

Twin540

大きく変わった点の一つがここにあります。どこかというと、運転席上部がすっきりしたということ。前のモデルはここに物入れがあったんです。物入れ自体は便利に使えるものではあったのですが圧迫感と運転席・助手席から架装部に移動する際によく頭をぶつけるという難点が。今回の改善でそこがすっきり!

この変更だけでかなり室内が広く感じるから人間の視覚って面白いですね。

Twin540

もう一つの変更点が上部のベント部分。このベント部分がかなり大口径に!
上部からの光を多く取り入れる素敵な変更ですね。これでリビングが明るくなります。
前はこの部分に換気用のベンチレーターをつけていて採光ができなかったのですが
この大きさならベンチレーターをベット部分にしてここは採光に利用するのがいいかと思います。

Twin540収納

収納は、横を利用しています。前よりは収納部分はちょっと削られた感はありますが十分なサイズ。

運転席上部収納

運転席上部にもちょっとした収納が。簡単なもの、よく取り出すものはここに入れるのがいいかもです。キッチン周り

キッチン周りも大幅に刷新!まずコンロ部分とシンク部分が2つに分かれて開く仕様になっています。コンロもかなり頑丈な五徳があり大きな鍋なんかも安心しておける仕様に。シンクも深く広くなった感じがしますね。

テーブル下収納

冷蔵庫を入り口にしたおかげでテーブル下収納が広く3段になったのも大きな変更点です!この引き出し式収納はなんだかんだで使いやすいですよね。

キッチン下収納

最下段の収納は深い鍋なども余裕で収納できる仕様。家とほぼ変わらないような収納です。トイレ

トイレ部分も大きな変化が。前はベットとの導線部分を潰すようなレイアウトで蛇腹の仕切りで使うタイプでしたが今回はすっきりとシンプルに。導線部分も邪魔しないタイプになりました。これで二人旅とかでもトイレを利用している際でもベットへ行けるというメリットが。気になる広さですが、全く問題ない広さです。

ベッド

ベットは、前のタイプより10cmほど狭くなりましたが、2名で寝るのに十分なサイズ感。この10cmをトイレに持っていったのと思われます。それよりも導線部分が改善されたことの方がメリットは大きいかと思いますね。

ベット下収納

ベット下収納は前モデルよりさらに広くなりこの大きさ!いろんなものが収納でき便利に使える仕様ですね。

いかがでしたか?

前モデルの記事はこちらを参照!

感想としては、前モデルのちょっと気になる部分をすべて改善していて素晴らしい出来栄えかと思いました!
このモデルは明日から幕張で開催されるキャンピングカーショーでも展示されると思いますので是非チェックしてみてください!

 

ちなみに、この写真の車両は・・・実は筆者が購入してしまいました!そう。2017年モデルを売却し、このモデルに乗り換えて先日無事納車されております。
使用した感想はまた別途記事にしますが、今のところ前のモデルの不満な点はすべて改善されていて最高の一台となっています!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。