Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
2019年キャンピングカー市場

国内キャンピングカー保有台数は 11 万台超、業界全体売上 458 億円に

国内キャンピングカー保有台数は11万台超

調査の結果、国内キャンピングカー保有台数は 11 万台を超え、業界全体の売上は458億円に達したことが分かりました。

一般社団法人日本RV協会

ということで、いよいよ、キャンピングカーの保有台数も11万台。

注文してから届くまで半年間の期間があるので、ようやく届き始め
街でも見る機会がふえて来るかと思います

2005 年が 50,000 台、 2011 年が 75,600 台、 2015 年が 95,100 台、そして昨年は 106,200台だった。
今年は 6,300 台増という結果。
次に各工場から出荷された台数 は
8ナンバー以外が 1,896 台で 1 位。
バンコンが 1,863 台、
キャブコンが 1,653 台と続く。
トータルでは 5,637 台となり、 2017年同様 5,000 台中盤をキープしている。
その中で、軽ベース車両も年を追うごとに 増加傾向にあり1,300台目前となっている。

保有台数は完全なる右肩上がり、出荷台数もほぼ右肩上がりと、これらの数字が実証するように、キャンピングカー人気は衰えを見せていない。

ということで、保有台数は右肩上がりとなっており今後の市場拡大が楽しみですね。

2019年キャンピングカー業界全体売上458億円に

 

販売総額は年々増加傾向にあり、2018 年は約458 億円と連続記録更新中!
出荷台数同様、直接エンドユーザーに販売したキャンピングカーの販売総額も年々増加傾向を示している。
2018 年は約458 億円で、昨年に比べ約33 億円増となっている。
もちろん、これは過去最高の金額で、かつ連続記録更新中だ。新車に限って見ていくと、8 ナンバー/8 ナンバー以外とも2017 年に比べて増加している。

 

この売上増加は非常に興味深い。
車自体の販売のみならず、レンタカーなど周辺ビジネスの拡大にも寄与している。

レンタカーを始め、今後のキャンピングカー関連の新たなビジネスがスタートするのをウォッチしていきたい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。