Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
テント

温泉を堪能できるオートキャンプ場 鬼怒川温泉オートキャンプ場

キャンピングカーを購入したらこんなことしたい。あんなことしたい。というのは人それぞれだと思いますが、多くの人が楽しむのが温泉ではないでしょうか。

ゆっくり名湯に浸かって、自分の落ち着ける空間でのんびりする。
色々な温泉をハシゴする。
温泉地で美味しいものを堪能する。

そんな自由な温泉旅を実現してくれるのもキャンピングカーのよいところです。

そんな温泉地を思いっきり楽しむのに、今回ご紹介する鬼怒川温泉オートキャンプ場はいかがでしょうか?

天然温泉がオートキャンプ場内にある鬼怒川温泉オートキャンプ場

住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053

鬼怒川温泉オートキャンプ場

鬼怒川温泉オートキャンプ場は、名湯 鬼怒川温泉街の少し北に位置し温泉街からは車で5分ほどの位置にあります。
鬼怒川の渓流沿いにあり、自然豊かな中でのキャンプを楽しむことができます。

鬼怒川温泉キャンプ場内には、天然温泉の施設が完備されており、露天風呂も!
宿泊施設としては、バンガローや一軒家なども完備されており大人数でのキャンプなども楽しめるオートキャンプ場です。

バンガロー

釣り堀などもあるのでお子様も楽しめる!
釣り堀
デイキャンプなども受けつけてくれるキャンプ場なので、さっと立ち寄ってバーベキューをして温泉を楽しんで帰るということもできますね。

注意: 行くまでの道のりが結構せまめの道を行く必要があり、6m級7m級のキャンピングカーは厳しいかもしれません。

受付

受付にはとても感じのいいスタッフの方々が気軽に声をかけてくれます。薪や食材なども販売されていて便利です。

人気があるだけに混雑はするオートキャンプ場

鬼怒川温泉オートキャンプ場

鬼怒川温泉オートキャンプ場は、名湯鬼怒川温泉の近くということもありかなり人気があるオートキャンプ場です。なので、事前の予約は必須だと思います。

また、ゆったりとキャンプを楽しみたいという人にはあまりおすすめしないキャンプ場です。

多少子供の声やガヤガヤ感があっても逆に気兼ねしなくていいという方にオススメです。

鬼怒川温泉オートキャンプ場オートキャンプ場といってもどちらかというとキャンピングカー向けというより普通車でテントを持って行って楽しむスタイル向けのオートキャンプ場ですね。

各サイトには個別電源は常備していないので必要な人は予約時に伝えておくと延長コードで用意をしてくれます。

この時期は色々な素敵なテントが見れる博覧会的

テントちょっと寒くなってきているこの時期は、本当にキャンプ好きの方が多いようでキャンプ用品、テントなど様々なメーカーのかっこいいものを見ることができます。

これだけでも楽しいですよ。テントの中にストーブを設置できる大型テントや可愛い三角ポールのテントなど多種多様。

またアウトドアギアも皆さん素敵なものを持っていてとにかくカッコいい。
いわゆる、、、インスタバエってやつですね。

トイレ・炊事場は完備しているがそこまで大きくはない

トイレトイレや炊事場は完備されていますが、そこまで大きいものではないため混雑時には洗い物渋滞ができそう。

トイレは簡易トイレではなくしっかりとした建物で用意されています。

炊事場炊事場は2箇所。ただ、結構混雑すると思います。お湯は出ないようです。

鬼怒川まで徒歩30秒。夏などは最高!

鬼怒川美しい河川の鬼怒川沿いにあるだけあって、30秒ほど歩けば川まで行けます。

公園看板川沿いには鬼怒川上滝河川公園があり、広々としたスペースがあるので散策するのも楽しいと思います。夏などは子供たちが大はしゃぎになるんじゃないですかね。

まとめ

5m級のキャンピングカーであれば十分楽しめるオートキャンプ場。

多少賑やかなキャンプ場ですが、鬼怒川温泉を思う存分楽しみながらバーベキューをしてみたいという方にはオススメです。

またキャンピングカーで本格キャンプを始めてみたい!という方でどんなアウトドアギアが良いか迷っている方はこの時期にこのキャンプ場に行くとなかなか見れない素敵なアウトドアギアを見ることができるかもしれません!

ただ、思いっきり覗き込んだりはマナー違反ですからご注意くださいね。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。