Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

紅葉を見に行こうよう

 

朝目が覚めて、さあ今日はどこ行こう

真っ赤な紅葉を見に行こう🍁紅葉名所

こんにちはまりもです。待ってました!秋!秋といえば皆様何を連想されますか?

スポーツの秋、芸術の秋、お月見の秋、キャンプの秋、連休の秋、読書の秋、旅行の秋そして何と言っても、 食欲の秋?という事で最近お腹が空いて止まらない私でございます。

もちろんキャンプにはもってこい、夜は涼しく、キャンプファイヤーの火もステキに燃えやすい時期です。

今回は写真を撮るのが大好きで仕事にしてしまった私の

「秘密にしておきたい紅葉スポット」をご紹介します。

こんなに赤い紅葉を今まで生きてきて見たことがあるだろうか。いや無い!

こんなに赤い紅葉を今まで生きてきて見たことがあるだろうか。いや無い!

この素晴らしく赤い紅葉が見られる場所!ここは

紅葉と鶴亀庭園、150年以上の歴史を持つ由緒あるお寺 真言宗 智山派 清流山 長円寺

長円寺  ☎ 0266-79-3720   
  住  所・・・〒391-0011 茅野市玉川穴山11373
  アクセス・・・諏訪市(上諏訪温泉諏訪湖畔)から車で約40分

お寺入り口から紅葉の道が続きます

お寺入り口から紅葉の道が続きます

参道入って驚くはその赤さ!赤すぎる!楓が立派過ぎます!!!!!

真っ赤な下に百体観音石仏が並ぶ。 裏が駐車場です。

真っ赤な下に百体観音石仏が並ぶ。 裏が駐車場です。

駐車場はそんなに大きくは無いですが平置き砂利なのでキャンピングカーも停められます。

見事に紅葉している楓の木

見事に紅葉している楓の木

反対側に目を向けると

睡蓮池のほとり100体!圧巻です

睡蓮池のほとり100体!圧巻です

石仏百体観音と楓の紅葉

長円寺境内には石仏百体観音があります。この観音様は以前は現在の楓の植えてある場所、参道にありました。この観音石仏は希少な八ヶ岳の臼杵石を使用しており、西国三十三番、坂東三十三番、秩父三十四番を合わせて100体なのだそうです。

明治の時代にその観音様は今のように睡蓮池のほとりに移され、その後そこに楓が植えられたそうです。今ではその楓が秋になると真っ赤になり観光スポットとなっています。

朱色の山門が更に映えます

朱色の山門が更に映えます

真っ赤だなー♪ 真っ赤だなー♪
つたの葉っぱも真っ赤だなー♪
もみじの葉っぱも真っ赤だなー♪
沈む夕陽に照らされて
真っ赤なほっぺたの君と僕
真っ赤な秋に囲まれている

と思わず歌っています。

門をくぐっても紅葉はまだまだ🍁隣のイチョウの木の黄色も美しいです

門をくぐっても紅葉はまだまだ🍁隣のイチョウの木の黄色も美しいです

本堂脇

本堂脇

落ち葉の絨毯です🍁美しい

落ち葉の絨毯です🍁美しい

この様にみごとな季節は11月上旬。大体11月3日~8日頃までと短い命です。お寺の西側にありますので夕日が当たる頃(午後3時半より午後4時過ぎ頃)がとても綺麗です。

その年の気候により見頃の日にちは前後しますので悪しからず。

諏訪湖の周りは他にも見所満載です是非ご参照くださいね

参考サイト: 諏訪市観光ガイド
ではまた😊

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。