Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • キャンプ場
  • 全国のキャンピングカーでいけるキャンプ場を紹介
skyline trail

【カナダ】 ケープブレトン ハイランド国立公園(ノバスコシア州)

ケープブレトン ハイランド国立公園(ノバスコシア州) Cape Breton Highlands National Park

カナダの自然公園を紹介するシリーズです。第3弾は、大西洋側ノバスコシア州にあるケープブレトンハイランド国立公園です。トロントから飛行機でハリファックスもしくは、シドニー(オーストラリアと同じ市名です)まで約2時間かかります。ケープブレトン半島の北側に位置するこの公園は、海岸沿いの素晴らしい景色を堪能できるドライブコースに大西洋を一望できるハイキングコースがたくさんあります。また、自然国立公園に?と思われるでしょうが、なんとゴルフ場があります。海と湖の両方で楽しめるマリンスポーツ、ハイキングやサイクリングはもちろん、ムース、ワシなどの野生動物が見れたり、またロブスターやカニ、ホタテなど海の幸を楽しめるエリアとして人気です。この公園の海沿いを通る道路をCabot Trail(カボット トレイル)と言います。Cabot Trailは全長約300kmあり、海を見ながら起伏やカーブを走ります。ひと昔前に車の宣伝ロケ地に使われていたので、なんとなくこのコースを見たことがある人もいるかもしれません。私は、ここで4日間滞在しましたが、本当に気持ちの良いドライブコースです。バイクツーリングに来られているキャンパーもたくさんいました。

場所はこのあたり。約950km2の広さです。

 

map_capebreton

 

公園内のキャンプ場

ケープブレトン ハイランド国立公園には、車が入れるキャンプ場が6ヵ所あります。うち3ヵ所は、オンライン予約が可能で、シャワー、水洗トイレがあり、Equipped Tent(テントが設営されキャンプ道具付き)やテントが苦手な方にはoTENTikもあります。Equipped Tentにはコンロをはじめ、キッチン道具は一揃え付いていますので、食料さえ地元で買って持っていけばキャンプができるので、飛行機で行く場合の荷物が減ってお手軽で楽ですよ。また小さなお子様用に滑り台などがあるプレイグランドや、アウトドアシアターがあったりします。他の公園ではなかなかないと思うのですが、この3ヵ所のひとつ、Ingonish(インゴニッシュ)という東側のキャンプ場のそばには、ゴルフ場とテニスコートがあります。あとの3ヵ所はインフォメーションセンターでキャンプサイト料金を支払う形式で、他のような設備がないキャンプ場ですが、サイト数が少なく広いのでとても静かなキャンプ場だと思います。

3ヵ所のキャンプサイトのサイズはCanada Parksの予約ウェブサイトで確認できます。だいたい各サイト大人6人の車1台の広さです。フルコンバスが入れるキャンプサイトがあるキャンプ場は2ヵ所あります。

主な見どころ

Cabot Trailから大西洋の海岸を堪能できる場所を紹介します。

  • Skyline Trail (スカイライントレイル)
    Cabot Trail沿いには、26コースのトレイルがあります。そのひとつが、スカイラインです。森林を抜けて、遮るものがない丘陵から見る海景色は圧巻です。遠くでクジラが見れることもあるようですよ。朝だとトレイル近くでムースなどの野生動物にも会えることも。(クマもいるそうです。)ここへ行くならぜひ、日が沈む時間を目指して行かれることをお薦めします。海に沈む夕日はとても美しくロマンチックな気分にしてくれます。

 

  • Ingonish Beach and Freshwater Lake(インゴニッシュ ビーチと淡水湖)
    ケープブレトンハイランド国立公園にはいくつかビーチがあります。このIngonish Beachで海水、すぐそばに淡水湖があり、両方を楽しめます。この傍にキャンプ場もあり、テニスコートなどアクティビティもたくさんあるので、盛りだくさんで楽しみたい人にはもってこいの場所ですね。

公園内でのアウトドア

冬:クロスカントリースキー、ノルディックスキー、スノーシュー、など。

その他:ハイキング、サイクリング、フィッシング、カヤック・カヌー、スイミング、スキューバーダイビング、ゴルフ、テニス、など。

ゴルフコースは、Stanley Thompsonという人が設計した、18ホール、パー72のコースです。費用は、季節によって違いますので、確認と予約はこちらのウェブサイトから。http://kelticlodge.ca/golf/

フィッシングは許可登録が必要で、サーモンを釣る方はこの許可証とは別の許可も必要です。細かなルールが取り決められていますので、Canada Parksのウェブサイトで確認または、インフォメーションセンターで確認してください。

 

アウトドアではありますが、スポーツじゃないこちらもどうでしょう?

  • ロブスターゆで方教室。ビーチでロブスターのゆで方、食べ方を教えてくれます。ゴージャスな夕飯が楽しめますよ。

 

  • 先住民ミクマク族文化を学ぶ。カナダ先住民でノバスコシア周辺の一族、ミクマク族の文化について話を聞いたり、体験できる教室が開かれます。

 

この国立公園のみだけでなく、ノバスコシア全体をRVで回遊する旅もきっと楽しいと思います。オンタリオ州やケベック州からRVで1週間から10日ぐらいかけて、この公園に向かう人たちも多いです。定年退職したら、そんなのんびりRV旅行をしてみたいですね。

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。