Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • イベント
  • キャンピングカーに関するイベント情報
Toronto RV show

【カナダ】トロントキャンピング&RVショーに行ってきました(その1)

長〜いカナダの冬の間に各地でキャンピングカーのショーが開催されます。ちょうど2月28日から3月3日、トロントでキャンピング&RVショーがあり、カナダで一番大きなRVショーと聞いたこともあり、雪が降る中を行ってきました。ショーには春が待ち遠しい人たちで賑わっていました。そんなイベントを2回に分けてお伝えします。今回は大型キャンピングトレーラーのレポートです。

2019 Toronto Camping and RV show https://torontospringcampingrvshow.com/

何を隠そう私、キャンプ好きですが、いつもテント泊ですし、RVの内覧なんてしたことがありませんでした。写真ではいろいろ見たことはあっても、実際に乗り込んで中を拝見できるなんて、かなり楽しみにしていました。さて、エントランスからずらりと並ぶのは、豪華キャンピングトレーラー。片っ端から中を拝見。気になったところを撮影してきました。(なので、どのトレーラーの写真か分からなくなってます。ごめんなさい)

RV interior1
出入口すぐにキッチン。グラナイト(花崗岩)カウンターにオーブン、電子レンジなど普通のおうちにあるものがミニサイズで完備。奥に見える左は二段ベッドで右はお手洗い。

RV sofa table
ソファーと別にダイニングブース。

RV kitchen counter
キッチンカウンター付き。奥は主寝室。

RV sofaRV walking closet
赤いパーカーの人がいるところが主寝室。その主寝室には、こんなウォークインクローゼットまであります。


大きいテレビに電気暖炉ですよ。


シャワールームも広い!主寝室からとダイニング側からのドア2つ付きのシャワールームもありましたよ。


後ろがオープンテラスになって開放的。


アウトドアで使うための外側についたキッチン。

RV storage
アウトドアを大満喫するために物置は別部屋がある。バイクもすっぽり入る広さ。

ラグジュアリー大型トレーラ

写真でみていただくとおり、本当に豪華!豪華すぎます!かなり広いし、天井も高いのに正直驚きました。下手すると東京の都心アパートなんかより広いんじゃあないかと思いました。窓が多いのもいいですね。普通に住居です。見ている人の中で「これは、定年してからだわー。」なんて言っている方もいらっしゃいました。

キャンピングカーの種類でTakuさんが説明している通り、RVにはいくつかタイプがあります。これら大型トレーラーは、Fifth wheel trailer (荷台に取り付け)と呼ばれるものと、トラベルトレーラー(フックタイプ)でも大型のものがあり、長さは約6m〜12mあります。ですので、8~9人ぐらいまで寝られるかなり大きなトレーラーです。しかも重いのでピックアップトラックなど排気量の大きな車でないと引っ張れません。基本的にリビングエリアとベッドルームが離れたレイアウトになっているのが多数です。サイズによっては、大型トラック免許(州によっていくつか種類があります。)が必要です。私にはゴージャス過ぎて、これでキャンプに行くという機会はなさそうですが、素朴な疑問がわきました。

「これって、走行中(移動中)はトレーラー内に人は乗っていていいの?」

ということで、調べてみました。

カナダは基本、大型トレーラだけでなくトレーラー全体にNGだとしている方がいいかと思います。ソファーやダイニングの椅子などにシートベルトは標準として付いていないですし、ガラス窓も自動車用の強化ガラスではなく普通の窓ガラスのもあるようです。(法を犯して乗ってみたとしても、きっと車酔いすると思います。)一般乗用車と同様、走行中は全員シートベルト着用義務があります。ただ、不思議だったのは、州によって違うのです。この違いは次回に!

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。