Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • はじめてのキャンピングカー
  • キャンピングカーを購入しようとされている方、はじめてキャンピングカーオーナーになられた方などキャンピングカーについて詳しく知りたい方へ向けたコンテンツです。
サブバッテリー

【体験談】サブバッテリーの問題。結局何個搭載がいいのよ?

こんにちは。都内を中心にキャンピングカーを仕事の拠点・生活の拠点にしているたくです。

キャンピングカーを購入する際に悩むこととしては、サブバッテリーの問題があるのではないでしょうか。

ご自身のキャンピングカーの利用頻度とキャンピングカーでキャンプに行った際の楽しみ方、電化製品をどのぐらい使いたいかによってサブバッテリーの適切な数は決まってくるかと思います。

購入しようと色々なキャンピングカーを見ていると意外にサブバッテリーのことを忘れてしまい、結果購入した後に足りなかったなーとかいう状況にならないためにも購入前によく検討しましょう。

キャンピングカーのサブバッテリーとは

サブバッテリーまずキャンピングカーのサブバッテリーとは、普通車のエンジンルームに搭載されていてエンジンをかけるためのスターターバッテリーとは違い、キャンピングカーの架装部にあるテレビや暖房、冷蔵庫、照明などに利用するディープサイクルバッテリーのことを指します。

要するにスターターバッテリーとキャンピングカーのサブバッテリー(ディープサイクルバッテリー)は、その目的と利用用途が違うので全く違うものであるということです。

ディープサイクルバッテリーは何個必要?

では、本題ですがキャンピングカーにディープサイクルバッテリーは何個必要なんでしょうか?まず、キャンピングカーの利用シーンを想像してみましょう。

週末キャンプ・平日秘密の部屋タイプ

キャンピングカーの中で生活する筆者のような読者はあまり多くはないと思いますが、キャンピングカーを購入して週末はキャンプ・平日は秘密の部屋として1時間から2時間はキャンピングカーの中でテレビや読書をしたいと考えている方は、105Ahのディープサイクルバッテリーを2個搭載するとベターだと思います。テレビの利用頻度が高い方は2個だとちょっと不安も残るので3個あるといいかもしれません。ただし、キャンピングカーを駐車するところで外部電源が使える場合は2個あれば十分。

月2回程度のキャンプ・平日全く利用しないタイプ

キャンピングカーの利用頻度は月2回ぐらいで平日は全く利用しないタイプの方は、ディープサイクルバッテリーは2個ぐらいで十分かと思います。ただし、ディープサイクルバッテリーは使っていなくても放電をしていますので、平日利用しないときにも外部電源での充電をしたほうが良いと思います。

3ヶ月に1回程度のキャンプで平日は利用しない・キャンプでも電源はほぼ利用しない。

キャンピングカーの利用頻度は3ヶ月に1度程度で平日は利用せずキャンプに行ってもキャンピングカーの中メインじゃなく外でのキャンプがメインとなるような利用想定であれば、1個でも足りるのかもしれません。

キャンピングカーの中で毎日生活したいタイプ

珍しい方だと思います。筆者のような生活をしたいということであればおすすめは105Ahのサブバッテリーを3個です。しかも、ソーラーパネルも200wぐらい搭載していれば、十分かと思います。

結論:105Ahのディープサイクルバッテリー2個

失敗しないサブバッテリーの個数としては105Ahのディープサイクルバッテリー2個搭載のキャンピングカーじゃないでしょうか。

筆者は、毎日キャンピングカーの中でパソコンを充電して、テレビを見て冷蔵庫をつけっぱなしの生活なので、今度3個にしようと考えていますが、2個+100wのソーラー充電で十分ことは足りています。

次回別の記事でご紹介しますが、ソーラーパネルもあったほうがより快適なキャンピングカー生活が楽しめると思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サブバッテリーについてはこちらの記事も参考にしてください。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。